未分類

東京から角島へアクセスで福岡空港を使った場合

山口宇部空港着でなく福岡空港着からアクセスするメリットですが、まずは発着便数です。宇部空港を使った場合の羽田からの便数は1日120便を超える便があります。

これだけの便数があれば、狙いの着時間や帰りの時間も気にすることはありませんし、格安航空券もたくさん出ているので最安値を狙えば超お得価格でゆけますね!

羽田から福岡空港の格安航空運賃はこちら⇒

ただし、福岡空港着のデメリットは新下関まで地下鉄と新幹線を使うこととなります。なので電車+新幹線代が3540円かかってきます。また所要時間は1時間前後となります。

このあたりは航空運賃の差をみて考えたがいいでしょうね。

福岡空港からの標準的なアクセスは

福岡空港
08:00-08:05
5分 地下鉄
福岡地下鉄空港線(姪浜行) 260円 3.3km
乗換10分 待ち43分博多 15番線発
08:58-09:26
28分 新幹線
こだま736号(岡山行) 1,520円 2,290円 86.2km
乗換5分 待ち3分
新下関
09:34-09:38
4分 JR
山陽本線(下関行) 770円 3.7km
乗換3分 待ち59分幡生
10:40-11:43
63分 JR 山陰本線(仙崎行) 38.7km
乗換4分待ち145分

滝部/滝部駅
14:12-15:00
48分 バス
[ブルーライン交通]憩の家~肥中~滝部駅(尾山憩の家行)630円

灯台公園前
(15:00)-(15:09)
9分 徒歩
徒歩

0.5km
角島灯台公園

福岡空港から角島へのアクセス方法

角島・角島大橋へ行く最寄り空港は山口宇部空港となりますが、便数では福岡空港が圧倒的に多くておすすめです。

福岡空港は九州の玄関口として飛行機の離発着数が最も多い空港です。
1日に120本以上の便が羽田からありますので
時間を気にしないでいいというメリットがありますね。

また、空港からは地下鉄でJR博多駅までつながっていますので乗り換えも簡単で新幹線口まで行けます。

福岡空港を利用した場合は

福岡空港⇒地下鉄⇒JR博多駅⇒新幹線⇒新下関駅となります。

メリット 便数 時間の自由どう

福岡空港からのデメリットは費用?

福岡空港から新幹線で新下関までの時間ですが

  • 福岡空港から博多駅 地下鉄6分       260円
  • 博多駅から新幹線「こだま」で、わずか26分  1520円
  • 新下関からJR下関駅までは9分 で      200円

トータルで1960円 所要時間も1時間ちょい、なので山口宇部空港から下関駅に行くのと時間も費用もさしてかわらないですね。

レンタカーを使わないのであれば、角島へは福岡空港を使うのがおすすめです。

新幹線~在来線 下関駅 バス
レンタカー